どこの地域も気持ちは同じ、供養の心

お盆休みと夏休み

お盆と七夕まつり

先程、お盆の時期は7月と8月があると述べました。
企業のお盆休みは、8月になっていることが多いようです。

7月には七夕まつりもありますね。
「たなばた」と読むのが一般的ですが、「しちせき」ともいいます。
織女(織姫)と牽牛(彦星)の物語は有名ですね。
織女(織姫)は、こと座のべガ、牽牛(彦星)はわし座のアルタイルという星です。

「人日の節句」・「上巳の節句」・「端午の節句」・「七夕の節句」・「重陽の節句」があり、奈良時代には「節気の行事」として、宮中で七夕行事が行われていたとのことです。
七夕も、現在のお盆にあたる時期に、日本古来の豊作を祈る祭でした。
そこに、女性が針仕事の上達を願う行事などが合わさったものだと考えられています。

お墓参りのいろいろ

お墓にも色々なデザインが出てきましたね。
故人が好きだった物の形や言葉が掘られているお墓も、よく見かけるようになりました。
どうしてお墓を建てるようになったのか、どの宗教でも特別な義務付けは無いのですが、江戸中期頃になってから、現代のようなお墓が建てられ始めました。

お墓の前で花火をする習慣は、九州地方のいくつかの県では当たり前のようになっています。
福岡県・長崎県・熊本県などです。
他にも、岩手県・栃木県・群馬県・福井県・岡山県などでも花火をするということです。
ただし、同じ県内でも、する地域としない地域があるようです。

また、お供えした食べ物を、その場で食べるという習慣になっている地域もあります。
置き去りにするとカラスなどの害を引き起こすことなどから、食べるか持ち帰るかになります。
持ち帰るより、ご先祖様と一緒に食べることを大事にしているという意味もあります。